FC2ブログ

民間住宅ローン利用、「変動型」が増加

  • 2018/11/28(水) 21:02:19

こんばんは
アイディーホームの村松です

当協会ニュースの抜粋になります☆

(独)住宅金融支援機構はこのほど、
2018年度「民間住宅ローン利用者の実態調査」における
“民間住宅ローン利用者編”の結果を発表。
調査時期は18年10月3~11日、
18年4~9月までに民間賃貸住宅ローンを借り入れした
全国の20~60歳未満の人にインターネット調査を実施した。
有効回答件数は1,500件。

 金利タイプ別利用状況は、
「変動型」の利用割合は57.0%(前回調査(17年4月調査)比0.5ポイント増)と増加し、
「全期間固定型」も17.7%(同4.4ポイント増)と増加。
一方、「固定期間選択型」は25.3%(同4.8ポイント減)と減少した。

 今後1年間の住宅金利見通しについては、
全体では「現状よりも上昇する」が41.7%(同12.6ポイント増)と増加。
「ほとんど変わらない」が49.2%(同9.8ポイント減)、
「現状よりも低下する」が1.7%(同1.4ポイント減)、
「見当がつかない」が7.3%(同1.6ポイント減)。

 住宅ローンを選んだ決め手(フラット35以外の利用者)は、
「金利が低い」が76.2%と圧倒的多数でトップに。
次いで、「団体信用生命保険の充実」が20.2%、
「住宅販売事業者(営業マン等)の勧め」が19.6%の順となった。

イメージ

私の個人的な見解ですが、山梨県の場合は地価も低く借入額も都心に比べると少なく済むのと、
現時点でもフラット35は十分金利が低く、将来の金利の事もわからないので、
出費額の一定化をし、ストレスのない生活を送る意味も含め、
全期間固定のフラット35を選ばれるお客様が多い様に感じております。

株式会社アイディーホームでは、
山梨県、特に甲府市・甲斐市・昭和町・中央市・南アルプス市・笛吹市などの
土地、家、マンション、アパートの売買を行っており、買取り強化中です!
売却をご検討中、不動産の事で相談をしたい、相続の事も聞いてみたいお客様は
是非アイディーホームの村松までご連絡ください。
お問合せお待ちしておりま~す! まずはHPをチェックしてみてください↓↓↓
不動産売買専門店 アイディーホーム 担当:村松(むらまつ)

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する