FC2ブログ

18年度住宅市場、受注・販売増加の見込み

  • 2018/05/07(月) 20:07:20

こんばんは
アイディーホームの村松です

当協会のニュース抜粋になります。

 (独)住宅金融支援機構はこのほど、2018年度の「住宅市場動向」調査結果を発表した。

 住宅事業者(回答数733)、一般消費者(同1,100)、ファイナンシャルプランナー(同62)に対し、
今後の住宅市場に関する事項についてアンケート調査を実施し、とりまとめたもの。調査時期は18年2~3月。
イメージ

 住宅事業者に対して受注・販売等の見込みについて聞いたところ、
「17年度(前年同期)と比べて増加」が59.4%と最多に。
「同程度」は29.6%、「減少」は11.0%であった。

増加する要因は、「消費税率引上げ前の駆け込み効果」(64.3%)が最も多く、
次いで「マイナス金利政策の導入後、住宅ローン金利が低水準だから」(44.3%)、
「景気の回復感が徐々に広がっているから」(20.9%)と続いた。
4位の「金利先高感があるから」(17.9%)が約10ポイント低下した一方、
2位の「消費税率引き上げ前の駆け込み効果」は31ポイント上昇した。

 18年度は買い時かを質問したところ、
一般消費者は「買い時」が50.6%、
「どちらとも言えない」が40.7%にのぼった。
「買い時」とする理由は「今後消費税率が引き上げられるから」(75%)が約6ポイント上昇しトップに。
一方、ファイナンシャルプランナーは「買い時」が64.5%、
「どちらとも言えない」が27.4%となった。
「買い時」と思う要因は「マイナス金利政策の導入後、住宅ローン金利が低水準だから」(85.0%)が最多。
次いで「消費税率引き上げ前の駆け込み効果」(62.5%)、
「金利先高感があるから」(45.0%)が続いた。

やはり、世の中の皆様も「消費税の増税」「金利が低水準」を意識しておりますね!
皆様が同じように思うことで、購入する後押しになりますので、
ご検討中の不動産があるお客様はお早めにご決断ください!!

株式会社アイディーホームでは、
山梨県、特に甲府市・甲斐市・昭和町・中央市・南アルプス市・笛吹市などの
土地、家、マンション、アパートの売買を行っており、買取り強化中です!
売却をご検討中、不動産の事で相談をしたい、相続の事も聞いてみたいお客様は
是非アイディーホームの村松までご連絡ください。
お問合せお待ちしておりま~す! まずはHPをチェックしてみてください↓↓↓
不動産売買専門店 アイディーホーム 担当:村松(むらまつ)

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する