FC2ブログ

「甲府」の地名の由来

  • 2019/12/18(水) 18:29:51

突然ですが、雑誌にとある記事があったので掲載しました!

甲府とは
「甲斐の府中」の略です。
永生16年(1519)武田信虎が躑躅ヶ先(現在の武田神社境内)に
居館を移し、城下町をつくったときに名付けたといわれています。

府中とは国の政治・経済・文化の中心地という意味があります。
「甲府」という名称が定着したのは、近世になってからのようです。

甲斐市で未入居の平屋販売中です!

  • 2019/12/17(火) 18:05:48

人気のエリア甲斐市(旧双葉町)の
双葉東小学校の北西に位置する新規分譲地の一画
市内・市外の方も検討可能なエリアです!
ご夫婦二人の隠居生活におススメ!!!

甲斐市岩森 未入居平屋
甲斐市岩森 未入居平屋
甲斐市岩森 未入居平屋
甲斐市岩森 未入居平屋
甲斐市岩森 未入居平屋

☆甲斐市岩森 新築未入居の平屋 詳細はこちら☆

株式会社アイディーホームでは、
山梨県、特に甲府市・甲斐市・昭和町・中央市・南アルプス市・笛吹市などの
土地、家、マンション、アパートの売買を行っており、買い取り強化中です!
不動産の事で相談をしたい、相続の事も聞いてみたいお客様は、
是非アイディーホームの村松(むらまつ)までご連絡ください。
お問合せお待ちしておりま~す!
まずはHPをチェックしてみてください!! ↓↓↓
不動産売買専門店 アイディーホーム 担当:村松(むらまつ)

北杜市小淵沢町にてリフォーム済戸建販売予定!!

  • 2019/12/16(月) 17:20:54

ただいま北杜市小淵沢町にて
一生懸命リフォーム工事中です。

ある程度目途がたちましたら、
公開しますのでお楽しみに~♪

北杜市小淵沢町 戸建
せめて、二階からの景色だけでも公開します・・・

株式会社アイディーホームでは、
山梨県、特に甲府市・甲斐市・昭和町・中央市・南アルプス市・笛吹市などの
土地、家、マンション、アパートの売買を行っており、買い取り強化中です!
不動産の事で相談をしたい、相続の事も聞いてみたいお客様は、
是非アイディーホームの村松(むらまつ)までご連絡ください。
お問合せお待ちしておりま~す!
まずはHPをチェックしてみてください!! ↓↓↓
不動産売買専門店 アイディーホーム 担当:村松(むらまつ)

次世代住宅ポイント、11月申請は新築で1万3,540戸

  • 2019/12/14(土) 09:44:43

国土交通省は13日、11月末時点の次世代住宅ポイント制度の実施状況について発表した。

消費税率10%への引き上げ後の住宅購入等を支援するため、
一定の性能を有する住宅の新築やリフォームに対して商品と交換できるポイントを付与するもの。

ポイント申請受付状況は、11月が新築1万3,540戸、
リフォーム1万8,702戸、合計3万2,242戸となった。

累計では、新築が4万2,080戸、
リフォームが2万9,284戸、合計で7万1,364戸。

ポイント発行状況(予約申請を含む)は、
11月が新築7,710戸(26億6,069万4,000ポイント)、
リフォーム3,904戸(2億245万5,000ポイント)、
合計で1万1,614戸(28億6,314万9,000ポイント)。

累計では、新築が3万1,355戸(108億9,800万ポイント)、
リフォーム8,613戸(4億1,473万9,000ポイント)、
合計3万9,968戸(113億1,273万9,000ポイント)。

甲斐市龍地(響が丘)の戸建 販売中です!

  • 2019/12/13(金) 08:38:41

甲斐市龍地
響が丘団地内の戸建
に看板を設置しました☆
ご案内はいつでも可能ですのでお気軽にお問合せくださいませ☆
甲斐市龍地 戸建 響が丘
甲斐市龍地 戸建 響が丘

甲斐市龍地 戸建


甲斐市龍地 戸建
甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建

甲斐市龍地 戸建
男子にはたまらない書斎です☆
甲斐市龍地 戸建

☆甲斐市龍地 戸建の詳細はコチラ★

株式会社アイディーホームでは、
山梨県、特に甲府市・甲斐市・昭和町・中央市・南アルプス市・笛吹市などの
土地、家、マンション、アパートの売買を行っており、買い取り強化中です!
不動産の事で相談をしたい、相続の事も聞いてみたいお客様は、
是非アイディーホームの村松(むらまつ)までご連絡ください。
お問合せお待ちしておりま~す!
まずはHPをチェックしてみてください!! ↓↓↓
不動産売買専門店 アイディーホーム 担当:村松(むらまつ)

低未利用地譲渡における控除制度を創設

  • 2019/12/12(木) 18:34:28

政府与党は12日、「令和2年度税制改正大綱」を決定した。

所有者不明土地の発生を予防、
低未利用地の適切な利用・管理の促進に向けて、
譲渡価額が500万円以下の一定の低未利用地などを譲渡した場合に、
長期譲渡所得の金額から100万円を控除する特例措置を創設する。

適用期限は令和2002年12月31日まで。

居心地が良く歩きたくなるまちなか創出のための
民地開放・施設の改修等に関する固定資産税等の特例措置も創設。

公共施設等の用に供した土地および当該土地上に設置した償却資産に係る課税の特例や、
公共空間の充実を図るために改修した家屋(原則1階部分)に係る課税の特例などを適用する。


住宅取得に係る負担軽減を図るために、
新築住宅に係る固定資産税の減額措置
(戸建て3年間、マンション5年間について2分の1減額)を2年間延長する。

その他住宅用家屋の所有権の保存登記等に係る
登録免許税の特例措置を2年間延長すると共に、
認定長期優良住宅の普及促進を目的とした
登録免許税、不動産取得税、固定資産税の特例措置も、2年間延長する。

居住用財産の買い換え等に係る特例措置
(譲渡益に係る課税繰り延べ、譲渡損に係る損益通算・繰り越し控除)についても
2年間延長、耐震改修、バリアフリー改修、省エネ改修、長期優良住宅化改修をした場合の
固定資産税の減額措置も2年間延長に。

買取再販で扱われる住宅取得に係る特例措置の適用期限についても、2年間の延長。

「都市のスポンジ化」対策のための流通税、登録免許税、不動産取得税の特例措置は2年間延長する。

10年超保有する事業用資産を譲渡し、
新たに事業用資産(土地・建物等)を取得した場合に、
譲渡資産の譲渡益の課税の繰り延べを認める特例措置については、3年間延長する。

優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の
長期譲渡所得の軽減税率も3年間延長。

工事請負契約書および不動産譲渡契約書に係る印紙税の特例措置は2年間延長する。

また老朽化マンションの再生促進のために、
マンション敷地売却事業の税制特例の対象を拡大すると共に、
団地型マンションの敷地分割の円滑化のための税制特例を創設する。

8割弱が「リノベ前提で既存住宅を購入」

  • 2019/12/10(火) 09:46:50

不動産情報サービスのアットホーム(株)は9日、
「中古(既存)住宅のリノベーション実態調査」結果を発表した。
過去5年以内に既存住宅を購入し、リノベーションをした
全国の20歳以上の男女309名
(既存マンション購入者:169名、既存一戸建て購入者:140名)を対象に、
インターネットによるアンケート調査を実施。調査期間は10月25~28日。

調査では、住宅を購入する際、最初に検討したのは「既存」が68.9%と過半数を占め、
「新築」を検討していた人は12.3%にとどまった。
さらに、77.0%が「リノベーション前提で既存住宅を購入した」と回答した。

購入を検討し始めた当初の既存住宅に対するイメージを聞いたところ、
「価格が手頃」が83.8%でトップ。
次いで「立地が良い」が54.0%と、
ポジティブなイメージを持っている人が多かった。

一方、ネガティブなイメージでは「見えない瑕疵がありそう」が41.1%、
「耐震性がきちんとしているか不安」が39.2%だった。

リノベーションに踏み切った理由は、
「内装を自分好みに変えたかったから」が65.0%でトップ。

リノベーションで新しくした部分については、
「壁紙を変えた」が73.5%でトップ。
「床の素材を変えた」が58.3%と続いた。
リノベーションをして良かったかを聞いたところ、
95.5%が「良かったと思う」と回答。

住宅タイプ別にみても差はなく、リノベーションに満足している様子がうかがえた。

リノベーションにかかった費用は、
既存マンション購入者平均で456万円、
既存一戸建て購入者平均で672万円。

住宅購入費とリノベーションにかかった費用の総額は、
既存マンション購入者が平均2,857万円、
既存一戸建て購入者が平均2,507万円だった。

定額制の収益物件リノベーションサービス

  • 2019/12/08(日) 08:23:46

(株)GA technologiesは5日、マンション・アパートの空室対策に
特化したリノベーションサービスのパッケージ商品
「RENOSY ASSET 収益物件リノベーション」の提供を開始した。

物件の面積に応じて、1平方メートル当たり2万5,000円の定額制で提供する。
人気の内装デザインのパッケージ化や、既存設備の再利用等により、
従来のリノベーション費用の約4分の1という低価格を実現した。
内装デザインは、学生向け、単身ビジネスパーソン向け等4タイプを用意している。

同サービスは、同社が展開する
不動産投資サポートサービスブランド「RENOSY ASSET」の一環。

他に、AIを活用した物件選定でマンション投資を提案する「RENOSU ASSET マンション投資」や、
中古マンションに特化した1口1万円からの
不動産投資クラウドファンディングサービス等を展開しており、
今後は収益物件リノベーションと賃貸管理サービスを連携し、
収益物件や賃貸ユーザーのデータを活用してより資産性の高いデザイン提案等も行なう予定。

お客様の声頂きました!

  • 2019/12/07(土) 18:23:06

アイディーホームにて不動産を売却して頂きましたお客様より、
お客様の声(評判・口コミ)として一言のはがきを頂きました♪
ありがとうございます。
「売ったお客様の声」はコチラ★
「買ったお客様の声」はコチラ☆

↑↑↑お客様の声も100件を超えました!!
まだまだ続々と増えてきております♪

これからも、少しでも多くのお客様の取引に関わらせて頂き、
たくさんの「ありがとう」を頂ければ幸いです!

お客様の声


株式会社アイディーホームでは、
山梨県、特に甲府市・甲斐市・昭和町・中央市・南アルプス市・笛吹市などの
土地、家、マンション、アパートの売買を行っており、買い取り強化中です!
不動産の事で相談をしたい、相続の事も聞いてみたいお客様は、
是非アイディーホームの村松(むらまつ)までご連絡ください。
お問合せお待ちしておりま~す!
まずはHPをチェックしてみてください!! ↓↓↓
不動産売買専門店 アイディーホーム 担当:村松(むらまつ)

アットホームが「新生活応援キャンペーン」

  • 2019/12/05(木) 07:30:05

当社も掲載をしておりますアットホームの記事になります☆

不動産情報サービスのアットホーム(株)は2日、
「新生活応援キャンペーン」をスタートした。

Twitterもしくはキャンペーンサイトから応募すると、
抽選で選べる電子マネーギフト「EJOICA」1万円分を50名に、
1,000円分を500名にプレゼントされる。
キャンペーン期間は、2020年2月29日(土)まで。

Twitterからの応募については、
アットホーム公式アカウント(@athome_co)をフォロー。

期間中1日1回まで何度でも応募できる。

毎日12時に投稿されるキャンペーンツイートの
「#アットホームであった」のボタンをタップ(クリック)してツイートすると応募完了。

すぐに抽選結果がリプライで届く。

キャンペーンサイトからの応募は、期間中1回のみ。

同社ホームページからキャンペーンサイトにアクセス。

クイズに答えて応募が完了する。

アイディーホームの掲載物件一覧はこちらです☆