FC2ブログ

4~6月の住宅ローン新規貸出、4兆8,412億円

  • 2019/10/07(月) 17:37:28

(独)住宅金融支援機構は4日、
2019年4~6月期の業態別の住宅ローン新規貸出額を発表した。

期中の主な金融機関等における住宅ローン新規貸出額は、
4兆8,412億円(前年同期比2.1%増)となった。
内訳は、国内銀行が3兆3,075億円(同2.4%増)で最多。
次いで、住宅金融支援機構の「フラット35(買取型)」が5,248億円(同3.6%減)、
労働金庫5,033億円(同9.7%増)、
信用金庫3,504億円(同5.6%減)となった。

最も増加率が大きかったのは、住宅金融専門会社等で、803億円(同37.9%増)だった。
イメージ

株式会社アイディーホームでは、
山梨県、特に甲府市・甲斐市・昭和町・中央市・南アルプス市・笛吹市などの
土地、家、マンション、アパートの売買を行っており、買い取り強化中です!
不動産の事で相談をしたい、相続の事も聞いてみたいお客様は、
是非アイディーホームの村松(むらまつ)までご連絡ください。
お問合せお待ちしておりま~す!
まずはHPをチェックしてみてください!! ↓↓↓
不動産売買専門店 アイディーホーム 担当:村松(むらまつ)

スポンサーサイト



借り換え後の金利タイプ、変動型が最多

  • 2019/09/08(日) 17:19:02

(独)住宅金融支援機構は6日、「2018年度 民間住宅ローン借換の実態調査」結果を発表した。
民間住宅ローンを借り入れ中で、18年4月から19年3月までに借り換えをした人を対象に、
インターネットでアンケート調査を実施。回答数は1,000件。

借り換え前後の金利タイプの構成比は「変動型」は
借り換え前の構成比38.7%から借り換え後は48.6%に増加し、最多となった。
「固定期間選択型」は借り換え前の41.5%から借り換え後は38.9%に減少し、
変動型に次いで2番目に。「全期間固定型」は借り換え前の19.8%から借り換え後は12.5%に減少した。

 金利タイプ別の借り換え理由は、
すべての金利タイプにおいて「金利が低くなるから」
(構成比:変動型66.3%、固定期間選択型54.2%、全期間固定型55.2%)がトップ。
「返済額が少なくなるから」(同42.8%、同36.8%、同47.2%)、
「適用金利が上昇し、返済額が増加するから」(同10.9%、同20.1%、同21.6%)と続いた。

また、借り換えによる毎月返済額の減少分は「生活費に充てた」
(構成比:変動型51.5%、固定期間選択型54.0%、全期間固定型53.4%)、
「教育費に充てた」(同26.8%、同29.3%、同24.7%)、
「貯蓄(住宅リフォームの資金以外)」(同18.8%、同17.6%、同19.2%)が上位となった。

フラット35金利、2ヵ月連続で下落

  • 2019/07/02(火) 11:19:18

(独)住宅金融支援機構は1日、取扱金融機関が提供する
「フラット35」(買取型)の7月の適用金利を発表した。

 借入期間21年以上(融資率9割以下)の金利は、
年1.180%(前月比0.090%下落)~1.870%(同0.090%下落)。
取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻金利)は、
年1.180%(同0.090%下落)と、2ヵ月連続の下落だった。

 借入期間が20年以下(融資率9割以下)の金利は、
年1.120%(同0.090%下落)~1.810%(同0.090%下落)。
最頻金利は年1.120%(同0.090%下落)で、2ヵ月連続の下落。
イメージ


 また、フラット50の金利は、融資率9割以下の場合が年1.590%~2.090%、
9割超の場合が年2.030%~2.530%。

2月のフラット35

  • 2019/02/06(水) 08:52:22

おはようございます。
当協会のニュース抜粋です

(独)住宅金融支援機構は1日、
取扱金融機関が提供する「フラット35」(買取型)の2月の適用金利を公表した。

 借入期間が21年以上(融資率9割以下)の金利は、
年1.310%(前月比0.020%減)~1.960%(同変動なし)。
取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻金利)は
年1.310%(同0.020%減)と、3ヵ月連続の下降となった。

 借入期間が20年以下(融資率9割以下)の金利は、
年1.250%(同0.010%減)~1.900%(同0.010%増)。
最頻金利は年1.250%(同0.010%減)と、3ヵ月連続で下降した。

 また、フラット50の金利は、融資率9割以下の場合年1.690%~2.190%、
9割超の場合は年2.130%~2.630%。

本日当社はお休みです。
アイディーホームの村松でした☆

「フラット35」金利、2ヵ月連続の下降

  • 2019/01/11(金) 17:23:47

当協会のニュース抜粋です☆

 (独)住宅金融支援機構は4日、
取扱金融機関が提供する「フラット35」(買取型)の1月の適用金利を公表した。

 借入期間が21年以上(融資率9割以下)の金利は、
年1.330%(前月比0.080%減)~1.960%(同0.110%減)。
取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利(最頻金利)は
年1.330%(同0.080%減)と、2ヵ月連続の下降となった。

 借入期間が20年以下(融資率9割以下)の金利は、
年1.260%(同0.060%減)~1.890%(同0.090%減)。
最頻金利は年1.260%(同0.060%減)と、2ヵ月連続で下降した。

 また、フラット50の金利は、
融資率9割以下の場合年1.720%~2.220%、
9割超の場合は年2.160%~2.660%。

イメージ

株式会社アイディーホームでは、
山梨県、特に甲府市・甲斐市・昭和町・中央市・南アルプス市・笛吹市などの
土地、家、マンション、アパートの売買を行っており、買取り強化中です!
売却をご検討中、不動産の事で相談をしたい、相続の事も聞いてみたいお客様は
是非アイディーホームの村松までご連絡ください。
お問合せお待ちしておりま~す! まずはHPをチェックしてみてください↓↓↓
不動産売買専門店 アイディーホーム 担当:村松(むらまつ)